x-magic紹介

x-magicの特徴を紹介します

WEB固有のUIをフルサポート 言わなければ誰もDITAとは気付かない

DITAには目次やリンクをサポートする機能がありますが、WEBサイトとして使うにはUIのカスタマイズが必要と考えます。

左右分割のフレーム表示で目次とトピックを並べる手法が広く使われていますが、それは満足できません。

x-magicは、Wordpress などWEB専用に設計されたシステムと同等のUIを提供します。

グローバルメニュー ダイレクトな章移動をサポート

どのトピックを開いていても、ヘッダー部やフッター部のグローバルメニューをワンクリックするだけで任意の章に移動できます。

パンくず機能 現在位置の表示

パンくずを表示するようにしてありますので、巡回中に現在位置を見失うことはありません。階層の深いトピックから上の階層に戻るときにも便利です。

サイドバー 姉妹リンク対応

サイドバーには、現在表示中のトピックに関連するトピックが一覧表示されます。この親リンク、子リンク、姉妹リンク、関連リンクはトピックの下部にも表示されます。(トピック下部では、関連リンクは更に詳細にグループ分けされます。)

テンプレート編集も殆ど不要 ぜんぶDITAで書けます

章やトピックへのリンクメニューはもちろん、サイト名、著作社名、著作年なども全てDITAソースから自動取得しますので、基本的にはHTML出力用のテンプレートを編集する必要はありません。

ヒント: ヘッダー右上のリンクメニューは、非DITAページなど自動化出来ないものに使うことを想定したものなので、こはHTML変換用のテンプレートで編集するようになっています。
ヒント: WEBサイトのトップページは、PDFには存在しないもので、デザイン性を重視したいケースも多いため、100%DITA化には拘らず、一部HTML変換用テンプレートの直接編集で柔軟に対応出来るようにしています。(メニューやトピック一覧など自動構築させたい部分は自動構築するようになっています。)

関連トピック

Powered by x-magic

© 2014 まじかるテクノロジー有限会社 All Rights Reserved. / Transformed by x-magic plugin for DITA Open Toolkit at 2015-04-25T13:35:33.569+09:00